妻からいびきの苦情が… | 医者に相談して肥満解消のためダイエットを開始

妻からいびきの苦情が… | 医者に相談して肥満解消のためダイエットを開始

妻からいびきの苦情が… | 医者に相談して肥満解消のためダイエットを開始

M.Sさん(男性)、50代、会社員

いびきがこんなにも酷いとは…自己嫌悪に陥りました

私の家はいびきの家系です。特に私の母親のいびきが酷く、よく大きないびきをかいてました。たまたま父親の耳が遠かったため、父親はそんなには気にならなかったようですが、子供だった私は、大きないびきがいつもうるさかったことを記憶しています。

私自身は、妻と結婚してから30年近くが経ちましたが、自分のいびきのことはあまり気にせずにこれまで過ごしてきました。もちろん、時々「いびきがうるさい」と妻や子供達から言われることがありましたが、一時的に疲れている時など特別な場合だけだと考えていましたので、あまり普段は気にしていませんでした。

そんなある時、妻が私のいびきがうるさくて夜眠れないと苦情を言うようになりました。最初は受け流していたのですが、妻は、私が寝ている間に密かにいびきの音を録音して聞かせてきました。それを聞いた私は「こんなにも大きないびきをかいていたとは…」と、今更ながら皆に迷惑をかけていた自分が恥ずかしくなり、またちょっと自分自身が嫌になりました。

いびきを止める方法を色々試してみました

そんな経緯から、私は自分のいびきの酷さを認識するようになりました。できれば、隣で寝ている妻のためにも、いびきの矯正ができないかと色々とネットで調べてみたりしましたが、なかなか良い方法が見つかりませんでした。

まずはありきたりですが、お金のかからない「横向きに寝る方法」を試してみました。これは一定の効果がありましたが、人間一晩中横向きで寝ることなどできませんので、仰向けになった時にいびきをかいてしまいダメでした。

次に、横向き寝をもっと効率的に行うために、「抱き枕」という長細い枕を購入しました。これは枕に抱きつくことによって、体を横向きに矯正する枕です。入眠してからしばらくの間は効果が出ましたが、眠ってしまった後は抱き枕がどこかへ行ってしまい(ベットの下に落ちていることが多い)、その後はいつも通りいびきが始まるので、これも失敗でした。

ちょっと抵抗がありましたが、医者に相談

妻が私のいびきを最近になってから意識しだしたのは、更年期障害で夜、体が火照ってしまい、あまり深い眠りにつけなくなってしまったことが原因です。それまではいびきのうるささを感じながらも、自分が寝ているときは気にならなかったそうです。

私はどちらかというと、だいたい床についてから5分以内に眠ってしまうため、妻はいつも私のいびきを聞くはめになってしまい、なかなか寝付けなくなってしまったそうです。

やはり、睡眠が浅いのが長く続くと疲れがでたり、具合が悪くなったりとあまり良いことがありません。そこで、あまり乗り気がしなかったのですが、妻が病気になってしまっては困りますので、近くのかかりつけ医者に私のいびきの相談に行くことにしました。

医者から言われたのは、私の肥満の解消をしてみてはどうかというアドバイスでした。まず、器具や薬剤治療を行う前に、肥満を解消すれば呼吸も楽になるし、贅肉で狭くなった気道も広がるので、いびきは軽減されるはずだということでした。

早速、肥満解消のためダイエット開始

肥満については自分でも自覚していたのですが、どうしてもお酒を飲みながら毎晩つまみをたくさん食べてしまうため、ダイエットは長い間、選択肢の中にはありませんでした。ただ、健康診断ではいつもメタポで血圧が高いので、ダイエットの必要性を指摘されていました。いびきの問題もありますので、これでいびきが改善されて、体重も減らすことができれば一石二鳥ですので、ダイエットを始めることにしました。

ダイエットでは、お酒を飲まない日を週最低2回設けることと、夜9時以降の飲食はしないこと、週末に必ず散歩などの運動をすること、脂っこいものを食べないことなど、色々なルールを作り挑戦しました。

体重が5キロほど落ちてきたあたりから、いびきの大きさが小さくなったということを妻から聞きました。おかげでやる気も出て、さらなるダイエットに挑み、一番太っていた時より10キロもダイエットすることができました。いびきの方も体重が減ることにより改善したようで、ダイエット作戦はとりあえず成功です。これからの課題は、「いかにしてこの体重をキープするか」ということで、油断はできません。