妻のいびきがうるさい… | 女性のいびきの原因・病気と改善方法

妻のいびきがうるさい… | 女性のいびきの原因・病気と改善方法

妻のいびきがうるさい… | 女性のいびきの原因・病気と改善方法

いびきをかくのは体格の良い中高年男性のイメージがありますが、女性でもいびきをかくことがあります。「妻のいびきがうるさい」という悩みを抱え、熟睡できず、翌日の仕事に支障をきたしてしまう旦那さんも多いようです。

今回は、そんな女性のいびきの原因・病気と改善方法について解説します。

本人に伝えにくい…女性のいびき

いびきをかく人は男性に多く、睡眠時無呼吸症候群の患者数も男性の割合が高くなっています。女性がいびきをかきにくいのは、エストロゲン等の女性ホルモンがいびきの防止に役立っているからです。

しかし、女性ホルモンの分泌量の低下する更年期以降は女性もいびきをかきやすくなり、睡眠時無呼吸症候群の患者数も増えることが知られています。また、若い女性であっても、骨格や体型、病気等によっていびきをかくことがあります。

妻のいびきがうるさい…女性のいびき

女性はいびきをかかないイメージがあるため、妻のいびきがうるさい場合には、なかなか本人には伝えにくい部分もあります。しかし、我慢を続けることで睡眠不足になり、生活や仕事に支障をきたしてしまうようではいずれ限界が訪れます。一度夫婦間でしっかりと話し合い、改善のための対策や必要に応じて病院の受診など、一緒に方針を考えていくようにしましょう。

本人の同意を得た上でいびきチェック用のアプリなどでいびきを録音しておくと、妻にも危機感をもってもらいやすくなり、その後の対策がスムーズになります。

女性のいびきの原因・病気

女性のいびきや睡眠時無呼吸症候群の原因には、以下のようなものがあります。

妻のいびきがうるさい…女性のいびきの原因・病気

肥満

肥満はいびきの最大原因です。肥満になると首周りにも脂肪がついて上気道が圧迫され、呼吸気圧が高まることで、うるさいいびきをかきやすくなります。

加齢

加齢によって喉周りの筋肉が緩みやすくなると、睡眠時に上気道が狭まり、いびきをかくようになります。実際、中高年以上になると、いびきや睡眠時無呼吸症候群に悩む人が増加してきます。

女性ホルモンの分泌量の低下

更年期以降はエストロゲン等の女性ホルモンの分泌量が低下するため、女性でもいびきをかく人が増加します。

閉経後の女性は体重が増加しやすい傾向にもありますので、その点からもいびきに注意する必要があります。

下あごが小さい・後退している

日本人は欧米人に比べて下あごが小さく、肥満の度合いが低くてもいびきをかきやすいといわれています。骨格は個人差が大きいですが、小さな下あごに対して多くの脂肪がついているようだと、特に気道が圧迫されやすくなります。

また、下あごの位置が後退しているような場合にも、上気道が狭まるため、いびきがうるさい原因となります。

病気による鼻づまり

アレルギー性鼻炎や慢性副鼻腔炎(蓄膿症)、鼻中隔湾曲症などの病気によって鼻づまりがあると、睡眠時に口呼吸になる原因となります。

口呼吸になると、下あごの位置が下がって舌の位置が落ち込みやすくなるため、いびきや睡眠時無呼吸症候群の症状が現れやすくなります。

鼻づまりによる女性のいびきの原因となる病気

いびきの改善方法

軽度な症状であれば、自分でできる手軽な改善方法から始めてみるのも良いでしょう。

明らかな肥満傾向がある場合にはダイエットによる減量のほか、横向きに寝るようにしたり、市販のいびき防止グッズを使用する方法もあります。

ただし、ダイエットには時間がかかりますし、いびき防止グッズを顔に付けて寝ることを嫌がる女性もいます。そのような場合には、飲むだけで済むサプリメントを試してみるのも良いでしょう。

いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
周囲に迷惑をかけるだけでなく、睡眠の質を下げ、健康にも大きな悪影響をもたらす「いびき」。そんないびきを防止するため、様々な種類のグッズが販売されてい...

明らかに異常ないびきをかいている場合や、無呼吸の症状がみられるようであれば、早期に医師に相談することをおすすめします。睡眠時無呼吸症候群は、高血圧などの生活習慣病や脳血管障害による突然死のリスクを高めることが知られていますので、「女性だから」と恥ずかしがらずに受診することが大切です。

現在では「いびき外来」など、専門の診療科を設けている病院もあります。そういった病院が近所にない場合には、耳鼻咽喉科もしくは呼吸器内科等を受診するようにしましょう。

早めの対策を

今回は、女性のいびきの原因・病気と改善方法についてご紹介しました。

妻のいびきがうるさいと感じても、なかなか本人に言えず、我慢してしまうケースも多くあります。しかし、我慢を続けることによる肉体的・精神的負担や、奥さんの健康面の問題、外泊時に大恥をかくなどのアクシデント防止の意味でも、改善に取り組むことは大切です。

その後も続く夫婦生活を考え、早めの対策をとるようにしましょう。