いびきの原因となる怖い病気 | 睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法

いびきの原因となる怖い病気 | 睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法

いびきの原因となる怖い病気 | 睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法

いびきの原因となる病気にはいくつかの種類がありますが、近年特に注目を集めているのが「睡眠時無呼吸症候群」です。

今回は、睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法についてご紹介します。

睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の典型的な症状は、睡眠時の「大きないびき」と、突然呼吸が止まる「無呼吸」が交互に繰り返されることです。「無呼吸」とは10秒以上呼吸が止まってしまう状態を指し、それが1時間に5回以上、または7時間に30回以上発生する場合に睡眠時無呼吸症候群と診断されます。

この病気では睡眠中に無呼吸状態が頻繁に発生するため、脳は交感神経(日中に活性化している自律神経)を働かせて、なんとか無呼吸状態から脱しようと試みます。このため、睡眠中も身体が十分に休まることがなく、慢性的な睡眠不足状態となり、日中に激しい眠気に襲われることになります。

【睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状】

  • 大きないびきをかく
  • 睡眠時に呼吸が止まる
  • 息苦しさや自分のいびきで目が覚める
  • 寝起きが辛い・体がだるい
  • 日中に耐え難い眠気に襲われることがある

いびきの原因となる睡眠時無呼吸症候群の症状

睡眠時無呼吸症候群の怖いところ

睡眠時無呼吸症候群は、中年以降の働き盛りの男性に多くみられます。近年では、自動車やトラック、公共交通機関のドライバーなどが、睡眠時無呼吸症候群が原因で突然の眠気に襲われて重大な事故を起こす例が相次ぎ、世間的にも注目を集めています。

また、睡眠中の無呼吸なので本人には自覚がほとんどなく、日中に深刻な眠気が出てくる時にはかなり病状が進行しています。加えて、睡眠中も脳が休まることがないため、自律神経のバランスが崩れ、下記のような疾患のリスクも高まります。

  • 自律神経失調症
  • うつ病
  • 不眠症
  • 統合失調症

この他、睡眠時無呼吸症候群患者の8年後の生存率は、健常者の6割程度まで下がるというデータもあり、健康への影響は深刻です。十分な睡眠時間を確保しているにも関わらず、日中に激しい眠気を感じたり、睡眠時のいびき・無呼吸を指摘される場合等には、早期に医師の診断を仰ぐことが大切です。

睡眠時無呼吸症候群の怖い症状

睡眠時のいびき・無呼吸の原因

睡眠時無呼吸症候群が発生する原因は、気道狭窄です。気道が狭くなると呼吸気圧が上がり、口蓋垂(のどちんこ)やその付近の粘膜を激しく振動することで、大きないびきが発生します。

気道狭窄が起こる原因は様々ですが、代表的な例は以下のようなものです。

  • 肥満
  • 加齢による喉周りの筋力の低下
  • 慢性鼻炎
  • 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
  • 扁桃腺肥大
  • 花粉症
  • 口呼吸
  • 飲酒・喫煙
  • 慢性疲労・ストレス

こうした要因によって、いびきだけでなく、睡眠時の無呼吸の症状が引き起こされることがあります。加齢や飲酒による喉の筋肉の弛緩や、肥満による気道の圧迫、喉や鼻の障害による上気道の閉塞も呼吸が止まる原因となります。

睡眠時無呼吸症候群の治療方法

睡眠時無呼吸症候群の治療を行う際は、「いびき外来」などの専門科がある場合を除き、「耳鼻科」が主科になります。初診時の問診で、生活習慣やいびきの大きさを指摘されたことがあるかどうかなどをチェックした後、睡眠時無呼吸症候群が強く疑われる場合には、自宅や入院した上で睡眠時の呼吸の状態を調べる検査が行われます。

この検査には「簡易検査」と「精密検査」があり、簡易検査では酸素飽和度を調べる「パルスオキシメーター」という器具を指先に装着して、寝ている間の酸素飽和度を調べます。(自宅での検査も可能です。)

一方、精密検査では一泊入院をして、専門の検査施設の中で睡眠中の呼吸状態をモニターします。この結果次第で、以下のような治療方法が選択されます。

いびき・睡眠時無呼吸症候群の治療方法

CPAP(シーパップ)

最も一般的な睡眠時無呼吸症候群の治療方法です。CPAPと呼ばれる専門のマスクをつけて睡眠中の呼吸量を調整し、症状を緩和します。

ただし、睡眠時の気道確保のためにマスクを長期間装着する必要性があり、慣れるまでは装着時に違和感があったり、機材のレンタル費用がかかる点には注意が必要です。装置の見た目は大げさですが、痛みなどはありません。

マウスピース

耳鼻科受診後に歯科で睡眠時無呼吸症候群治療用のマウスピースを作ってもらう方法です。これは通常のマウスピース(咬合調整用)と違い、下顎を少し前に出すように角度調整を行い、気道狭窄を防ぐ効果があります。

睡眠時にマウスピースをつけるだけなので、手軽かつ持ち運びにも便利です。ただし、全ての患者に効果があるというわけではなく、中軽度の症状の場合に用いられることが多くなっています。

マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法
マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法
マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法 いびきがうるさい時の対策として「マウスピース」をつけることがあります。全ての人に対して...

外科手術

扁桃やアデノイド(鼻と喉の間にあるリンパ組織)の異常肥大が見られる場合には、口蓋扁桃摘出術やアデノイド切除術などの外科手術が適用されることがあります。

その他、鼻腔や副鼻腔の異常が原因で気道狭窄を起こしている場合には、症状の程度によって鼻腔内や副鼻腔・鼻中隔の手術が行われるケースもあります。

外科手術は睡眠時無呼吸症候群の根本的な治療方法ですが、リスクも伴います。医師と相談の上、身体的な負担、術後の経過、手術費用など、様々な面から慎重に検討する必要があります。

まとめ

今回は、いびきの原因となる病気として、睡眠時無呼吸症候群の症状と治療法についてご紹介しました。

睡眠時無呼吸症候群は、いびきだけでなく、日中の急な眠気やそれによる大きな事故等の原因にもなり、近年特に注目を集めている病気です。症状に心当たりのある場合には、早めに医師に相談し、適切な治療を受けるようにしましょう。