マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法

マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法

マウスピースのいびき防止効果 | 歯科での作成・市販品の使用法

いびきがうるさい時の対策として「マウスピース」をつけることがあります。全ての人に対して有効というわけではありませんが、口を開けて寝ている場合や、睡眠時無呼吸症候群の症状が見られる場合などには効果的です。

今回は、マウスピースのいびき防止効果、歯科での作成・市販品の使用法についてまとめます。

いびき対策用のマウスピース

いびきやその原因となる睡眠時無呼吸症候群の代表的な対策としては、下記のようなものがあります。

  • いびき対策用の枕
  • 横向きに寝る
  • 鼻腔拡張用テープ
  • 口呼吸防止用テープ
  • マウスピース
  • CPAP(※)

※ 睡眠時無呼吸症候群の主力治療法。専用の機械で圧力をかけた空気を鼻から流し込み、気道狭窄を解消する方法です。効果は現状の治療では最も高いとされています。(単にいびきだけでは健康保険の対象にはなりません。睡眠時無呼吸症候群の確定診断が必要です)

今回は上記のうち、マウスピースを使用したいびき防止法の紹介です。マウスピースには医療用のものと市販品があり、医療用のマウスピースもCPAP同様、睡眠時無呼吸症候群に対する治療に用いられます。

マウスピースの効果

いびきや睡眠時無呼吸症候群の改善に用いるマウスピースは特殊な形状をしていて、下あごを上あごよりも5〜10mm程度前に突き出す状態になるように調整されています。こうすることで、睡眠中にあごの筋肉が垂れ下がって気道を圧迫するのを防止します。

マウスピースによる対策のメリットとしては、手軽に行えることや、かさばらないため外出時にも便利なことがあげられます。反対に、作る際に費用(保険適用で1~2万円程度)がかかる点や、慣れるまで違和感を感じるなどのデメリットもあります。

受診するのは何科?

いびき防止用マウスピースを作ってもらうにはまず耳鼻咽喉科、呼吸器科、睡眠外来、いびき外来等を標榜している医療機関を受診するところから始まります。上記診療科はどれを受診しても構いませんが、睡眠外来やいびき外来がある場合にはそこを受診することになります。

いびき防止用マウスピースを作る際は何科?

睡眠外来やいびき外来は睡眠時無呼吸症候群やいびき、睡眠障害の治療を専門に行う診療科です。いびきの原因疾患にはいろいろな診療科にまたがる治療が必要となる場合があるので、このように統括した専門外来を作る動きが加速しています。特に近年、睡眠時無呼吸症候群による深刻な事故が多発していることを受け、睡眠外来やいびき外来のニーズは高まりを見せています。

マウスピースは歯科医で作成

診断の結果、マウスピースの必要性が判断されれば、次は歯科医(口腔外科)でマウスピースを作ってもらうように指示が出ます。歯科医では、型取り、咬合調整(噛み合わせの調整)、マウスピースを実際に装着してみての微調整が行われ、使用法が説明されます。

マウスピースを一晩中使用していると、起床時に歯が浮つくような違和感を感じますが、これは慣れの問題です。数か月が経過しても解消しないようであれば、歯科医に相談して調整を行います。

また、使用していて下記のような違和感を感じた場合にも、歯科医に相談するようにして下さい。

  • 歯茎の違和感や腫れ、出血
  • 喉の渇き(通常はドライマウス予防にもなるのですが、稀に口渇感を感じる場合があります)
  • 顎関節の痛み(慣れないうちは痛みを覚える場合があります)

手軽に買える市販品

いびき防止用マウスピースは、インターネット等で購入できる市販品もあります。値段は大体1,000円~3,000円前後と安価で、診察を受ける必要がないので非常に手軽ですが、効果の面ではやはり歯科医で作ってもらう方が確実です。

市販品の中には、熱湯に付けた後に噛むことで、自分の歯型にフィットしたマウスピースを作れるものもあります。

いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
周囲に迷惑をかけるだけでなく、睡眠の質を下げ、健康にも大きな悪影響をもたらす「いびき」。そんないびきを防止するため、様々な種類のグッズが販売されてい...

まとめ

今回は、マウスピースのいびき防止効果と、歯科での作成・市販品についてご紹介しました。

いびきや、初期の睡眠時無呼吸症候群にはマウスピースによる対策が効果的なことがあります。症状が気になる場合には、早めに医師に相談してみるようにしましょう。