いびき対策成分と摂取法 | コエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウム等

いびき対策成分と摂取法 | コエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウム等

いびき対策成分と摂取法 | コエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウム等

騒音で周囲に迷惑をかけたり、睡眠の質を低下させてしまう原因となる「いびき」。いびきの防止には市販のグッズを使用する方法もありますが、根本的な対策としてコエンザイムQ10やリンゴ酸マグネシウムなどの成分を摂取する人も多いようです。

今回は、いびき対策成分と効果的な摂取方法についてまとめます。

いびきの原因と悪影響

いびきは、睡眠時に喉周りの筋肉が弛緩して、空気の通り道が狭くなってしまうことで起こります。騒音で家族に迷惑をかけるだけでなく、体への酸素供給が妨げられることによって睡眠の質の低下にもつながります。

いびきの原因とコエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウム

気道の閉塞による悪影響

  • 大きないびきをかいて周囲に迷惑をかける
  • 睡眠の質が低下して、寝ても疲れがとれない
  • 日中に急な眠気に襲われる
  • 高血圧等の合併症を発症しやすくなる

こうした気道の狭まりは、喉周りの筋肉が衰える中高年以降になると起こりやすくなります。また、肥満体系の人は喉周りにも脂肪が多く、睡眠時に気道を圧迫しやすくなるため特に注意が必要です。

いびき対策の代表的な成分

いびき対策の代表的な成分としては、下記のようなものが挙げられます。

コエンザイムQ10

最も代表的な成分は「コエンザイムQ10」です。コエンザイムQ10は、喉の筋肉の働きを正常に戻して、スムーズな空気の流れをサポートする働きを持っています。そのため、現在市販されているいびき対策サプリメントの多くにこの成分が配合されています。

コエンザイムQ10を多く含む食べ物は、カツオやイワシ、牛肉、ブロッコリー等です。ただし、吸収率が非常に低く、一日に必要な量はイワシだと6匹、ブロッコリーだと15束程になるなど、食事だけで補うのは難しい部分もあります。

コエンザイムQ10やリンゴ酸マグネシウムでいびき対策

リンゴ酸マグネシウム

リンゴ酸マグネシウムはリンゴ酸とマグネシウムの化合物で、主にサプリメントに使用されています。もともとはマラソンや水泳などの有酸素系スポーツ選手のパフォーマンス向上のために開発された成分です。

空気の流れをスムーズにするために欠かせない成分であり、いびきケアにおいても注目を集めています。

GABA(ギャバ)

ギャバは「γ-アミノ酪酸」と呼ばれるアミノ酸の一種で、抗ストレス作用を持つリラックス成分です。

体内のギャバは仕事や生活等でのストレスによって減少することが知られており、不足すると緊張状態が続くことによって気道の閉塞が起こりやすくなるため、いびきの原因にもなります。

いびきが気になる人は、日ごろからしっかりと補給するよう心がけるようにしましょう。ギャバが多く含まれている食品は、トマトやジャガイモ、ナス、納豆、ブドウ、チョコレートなどが挙げられます。

効果的な摂取方法

上述した成分は、普段の食事から摂取する他、市販のサプリメントを利用する方法もあります。特に、コエンザイムQ10は食事だけで十分な量を補うことが難しいため、サプリメントで足りない分を摂取するのが効果的です。

コエンザイムQ10・リンゴ酸マグネシウム・ギャバのサプリメント

いずれの成分も、いびき対策サプリメントに多く採用されていますので、そうしたものからまとめて摂取するのも良いでしょう。

代表的ないびき対策サプリメント

特に人気の高いサプリメントとして、「サイレントナイト」という製品があります。

サイレントナイトには、吸収効率の良い還元型コエンザイムQ10、リンゴ酸マグネシウム、ギャバの他、イミダペプチド等の成分が配合されています。これらの成分をまとめて摂取できるため、手軽に対策をしたい人は試してみると良いでしょう。

現在、下記の公式サイトから購入すると、モニター初回限定価格で購入することができます。


サイレントナイト

まとめ

今回は、コエンザイムQ10やリンゴ酸マグネシウム等の効果と摂取法についてご紹介しました。

これらの成分は、意識して摂取しないと十分な量を摂ることは難しいものです。いびきや睡眠の質の低下による体調不良に心当たりがある人は、悪化する前に早めの対策を心がけるようにしましょう。