夫のいびきで寝不足に… | 喧嘩や別居の後、子供のために対策開始!

夫のいびきで寝不足に… | 喧嘩や別居の後、子供のために対策開始

夫のいびきで寝不足に… | 喧嘩や別居の後、子供のために対策開始!

Y.Iさん(女性)、30代、専業主婦

結婚してから寝不足の日々

夫と付き合っていた当時、大抵、飲みに行ってから眠るパターンだったので私も熟睡しており、夫のいびきは気になりませんでした。しかし、結婚後に同居してから1週間も経たないうちに、夫のいびきに悩まされるようになりました。

もともと田舎暮らしで静かな環境で育った私は、都会の生活で窓を閉めても聞こえてくる車の音でも眠れないことがあるほどでした。それが、すぐ隣で夫の大きないびきが聞こえるとなると、全く眠れなくなりました。

夫の体を横向きにしてみたり、鼻をつまんでみたりといろいろ試しましたが、夫が起きる気配はなく、いびきにも全く効果がありませんでした。ついには、そのまま朝を迎え、夫を仕事に送り出してから眠るという昼夜逆転の生活をするほどになってしまったのです。部屋を別々にしようにも、2Kでは無理がありました。

とうとう喧嘩に発展。非協力的な夫にうんざり

結婚して、すぐに妊娠をしました。妊婦は規則正しい生活を心がけなければいけませんが、夫のいびきがうるさくて昼夜逆転の生活は続いていました。いくら夫に訴えても本人には自覚がなく、治そうともしませんでした。

このままではいけないと思い、夫のいびきを録音して聞かせましたが、だからどうしたとでもいわんばかりの対応で、とうとう喧嘩をしてしまいました。生理現象だから仕方がないという夫、寝不足で体調が悪くなるからなんとかしてほしいという私はどちらも引かず、喧嘩は収まりません。結局、どうしても耐えられない時は、近くにある夫の実家に帰ってもらうことにしました。

しかし、これでは根本的な解決には至らず、夫が戻ってきてはまた私が寝不足になるという日々が続きました。今思えば、初めての妊娠ということもあり、いろいろなことに過敏になっていたのですが、共感できない夫にうんざりしていました。

出産後はさらに寝不足。そして別居へ

出産前後、母が身の回りの手伝いに来てくれたのですが、母も夫のいびきに参ってしまい、日中は二人で昼寝をして過ごしました。産後は夫のいびきと赤ちゃんの世話でまとまった睡眠をとることができず、疲れ果てて倒れるといった感じで寝ていました。

母が手伝ってくれていたとはいえ、授乳は私しかできないので起きざるをえず、フラフラになりながらも対応していました。1か月後、母が実家に戻りましたが、育児や家事に非協力的かつ共感ができない夫だったので、私は心身ともにボロボロになり、ついには別居することになりました。

その後の育児は大変でしたが、夫の世話をしなくてもいいということと、不快ないびきを聞かなくていいというだけでストレスはかなり軽減されたと思います。子供から父を奪ってしまった罪悪感はありましたが、倒れるよりは別居の方がマシだと思いました。

やっといびき対策を始めた夫

私がいびきで迷惑していることには「我関せず」といった感じの夫でしたが、「子供もあなたのいびきで寝不足になり体調を崩したらどうするの?」と話したところ、やっと対策を考え始めました。今まで私がいくら訴えかけても何もしなかったのに、子供のことになると動くのかと思うとむなしくなりました。それでも、まぁ動いてくれたからいいかと思うほかありません。

夫のいびきの原因は鼻炎にあるかと思い、こまめに鼻をかむように声をかけたところ、少しはマシになったようです。病院で診てもらった方が早いと思いましたが、病院嫌いの夫はそこまでしてくれませんでした。別居中にいびき防止対策グッズをいろいろ試したようですが、どれも効果が無く、最終的に「テープで口を塞いで横向きで寝る」という、とてつもなく簡単な方法で防止できました。こんなことだったら初めからやってくれたら良かったのに…と思いました。