いびきで家族に迷惑がられる… | 横向き寝とマウスピースで改善

いびきで家族に迷惑がられる… | 横向き寝とマウスピースで改善

いびきで家族に迷惑がられる… | 横向き寝とマウスピースで改善

T.Kさん(女性)、20代、自営業

ある日突然、家族からの指摘

私は成人するまで、自分のいびきについて気にしたことは一度もありませんでした。しかし、ある日突然、同居している家族から、私のいびきがうるさくで眠れないと言われ驚きました。自分ではいびきをかいているという実感がなく、いびきをかくというのは年配の男性のイメージがあったため、非常にショックを受けました。

家族とは寝室が別なのですが、かなり大きないびきが響いて聞こえるらしく、それで夜中に目を覚ましてしまうということでした。私も子供の頃、父親のいびきで目をさましてしまうことが何度もあったため、いびきの迷惑さは分かっているつもりです。自分が家族に迷惑をかけていることを知り、何とか改善しなくてはと考え始めました。

寝室の環境を改善してみたものの…

いびきをかくのは、寝室の環境が悪くて深く眠ることができていないからだと考えた私は、それまで使っていた薄手のカーテンを、部屋を真っ暗にする「遮光カーテン」に変えてみました。また、寝ている時の体の負担を少なくする低反発のマットレスを敷き、枕の高さも調節するなど、できる限りのことをしました。

これらの改善で、確かに寝心地は良くなったと感じましたが、いびきは相変わらずうるさいようで、家族からは相変わらず迷惑がられていました。

特に、もともと寝つきの悪い母は私のいびきのせいで余計に寝つきが悪くなり、一度眠ってもすぐに目を覚ましてしまうということを繰り返しているそうでした。母の体ももちろん心配でしたが、頻繁に大きないびきをかく自分の体も心配になったので、家の近所にある病院をとりあえず受診してみることにしました。

耳鼻咽喉科を受診

いびきの治療に行くべき病院はどこが良いか分からなかったのですが、まずは家の近所にある耳鼻咽喉科に行ってみることにしました。耳鼻咽喉科の医者によれば、鼻や喉などに特に何も問題も見られないとのことでした。寝ている時に、舌が喉の奥のほうに一時的に落ちているだけだったり、鼻の通りが悪く気道が上手く確保されていない可能性もあるとのことで、鼻腔を拡張するテープなどを勧められました。

鼻腔拡張テープを実際に使ってみると、以前よりは鼻の通りが良くなったように感じましたが、家族からいびきは相変わらずと言われ、根本的な解決には至りませんでした。

そこで、今度は別の医者を受診することにしました。そこでは、首に脂肪が多い人や顎がもともと小さい人などはいびきをかきやすいと言われ、気道を確保するには横向きで寝るようにすると良いと言われました。

横向き寝とマウスピースで無事改善

それからは、横向きで寝ることを心がけるようしましたが、やはりどうしても無意識に寝返りをうってしまいます。そこで、いびき改善用のマウスピースを作ってもらい、使用することにしました。

この二つの対策をとったことで、いびきはかなり改善されるようになりました。意外にも、マウスピースは朝まで外れることがなく、寝る時につけるだけで良いので重宝しています。母をはじめとする家族からの迷惑がる声も収まり、今は安心して眠ることができています。

私の場合、結局いびきをかく原因はよく分かりませんでしたが、医者によれば病気が原因でいびきをかくこともあるそうです。あまりに酷いいびきが続く場合には、一度病院を受診して、何が原因でいびきをかいているのかを見極めた方が良いです。