いびきをかかない方法 | いびきの治し方と対策グッズの種類・効果

いびきをかかない方法 | いびきの治し方と対策グッズの種類・効果

いびきをかかない方法 | いびきの治し方と対策グッズの種類・効果

家族に迷惑をかけるだけでなく、睡眠の質の低下によって健康へも悪影響を与える「いびき」。いびきの治し方は原因によって様々ですが、現在では手軽に取り入れられる対策グッズも多く販売されています。

今回は、いびきをかかない方法と、対策グッズの種類・効果についてご紹介します。

いびきの治し方

大きないびきをかいて寝ていると、なんとなく「熟睡」しているようなイメージがありますが、実際には逆で、眠りは浅くなっています。そのため、「寝ても疲れがとれない」「日中に眠気を感じる」といった症状が現れることがあります。

いびきの治し方と対策グッズの種類・効果

大きないびきは睡眠時無呼吸症候群の代表的な症状であり、無呼吸がみられる場合には病院での治療が必要になるケースもあります。病院でのいびきの治し方は、減量や手術、CPAPなどの方法がとられます。

病院に行くほどでない場合には、市販のいびき対策グッズを試してみるのがおすすめです。現在では様々な種類が販売されていますので、自分に合ったものを選択するようにしましょう。

いびき対策グッズの種類と効果

代表的ないびき対策グッズには下記のような種類があります。

ナステント

最近、特に注目を集めているのが、全国の病院等でも推奨されている「ナステント」という一般医療機器です。

シリコン製のチューブを鼻に挿入することで気道を確保して、いびきをかかないようにします。慣れるまで少し時間がかかる人もいますが、信頼性が高く、安価に入手できます。

いびきの悪影響と市販の医療機器の効果 | ナステントを使用した感想
いびきの悪影響と市販の医療機器の効果 | ナステントを使用した感想
お知らせ 公式サイトからの発表で、器具を誤飲する事例が一件発生したため、ナステントは現在販売が停止されています(再開未定)。 その他のいびき防止...

サプリメント

いびきの対策として手軽な方法として、サプリメントの服用があげられます。いびき対策グッズは鼻や口につけて使用するものが多いですが、寝る際に不快に感じる人も多くいます。そういった場合には、飲むだけで対策ができるサプリメントは便利です。

スムーズな空気の通りをサポートする「コエンザイムQ10」等を配合したものが主流であり、様々な種類が販売されています。

いびき対策サプリメント 人気ランキング | 睡眠時の騒音の防止に
いびき対策サプリメント 人気ランキング | 睡眠時の騒音の防止に
いびきの防止には様々な専用グッズが販売されていますが、マウスピースや鼻テープ等を使い続けるのは不快感が強く、辛いと感じる方も多いようです。そういった...

横向きで寝るための枕

いびきをかかない方法としてよく紹介されるのが、「横向き寝」です。横向き寝は仰向けに比べて気道が塞がりにくく、いびきの防止に効果があります。

一晩中、横向き姿勢を維持したまま眠るのは難しいですが、「横向き寝専用の枕」というものも販売されています。横向き寝は、いびきをかかかない方法としてだけではなく、東洋医学において「疲れがとれやすい寝方」ともいわれており、手軽に取り入れられるためおすすめです。

特許取得の横向き専用まくら「YOKONE2」

いびき防止テープ

睡眠時に口呼吸になってしまうことでいびきをかいている場合には、いびき防止テープを使用した治し方もあります。

起きている時は鼻呼吸であっても、寝ている時に口呼吸をしてしまうクセがついているような場合には、口に貼るタイプのテープを選択しましょう。

いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類
いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類
いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類 うるさいいびきの対策として、人気を集めているのが「いびき防止テープ」です。睡眠時の...


鼻炎などによる鼻づまりによって口呼吸になってしまう人は、鼻に貼って鼻腔を拡げるタイプのいびき防止テープが効果的です。「ブリーズライト」等が有名です。

いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
いびき防止グッズ おすすめランキング | いびき・無呼吸の対策に
周囲に迷惑をかけるだけでなく、睡眠の質を下げ、健康にも大きな悪影響をもたらす「いびき」。そんないびきを防止するため、様々な種類のグッズが販売されてい...

まとめ

今回は、いびきをかかない方法と、市販の対策グッズの種類・効果についてご紹介しました。

いびきの治し方には様々な方法がありますが、原因によっても効果の度合いは変わってきます。自分に合った対策を見つけ、いびきの解消に取り組んでいきましょう。