夫に指摘されていびきを自覚 | 解決方法をいろいろ試すも効果なし

夫に指摘されていびきを自覚 | 解決方法をいろいろ試すも効果なし

夫に指摘されていびきを自覚 | 解決方法をいろいろ試すも効果なし

N.Sさん(女性)、30代、専業主婦

えっ、私がいびき!?まさかそんなことは…

結婚して少し経ち、だんだんと新婚生活の緊張感が緩んできた頃のことです。朝起きた夫は眠たそうで、少し不機嫌でした。「おはよう。」と言うと、少し間をおいて、「こんなこというのもあれなんだけど、夜寝てる時にいびきがうるさい。」と言われました。

結婚する前から今まで、寝言と歯ぎしりは指摘されたことはあったものの、いびきをかいているなんて言われたのは初めての経験でした。「本当?ごめんね。」と笑いながら答えたものの、少しショックでした。しかし、本当にいびきをかいていたんだろうか…今までにそんなこと言われたことないしなぁ…。正直、信じられませんでした。

寝ているから当たり前かもしれないけれど、いびきをかいているなんて自覚はちっともないし、きっと、たまたまだろうと思いました。これ以降、特に夫にいびきを指摘されることもなく、もちろん自覚もなかったので、そのまま過ごしていました。

ついに、いびきを自覚する

いびきを初めて指摘された日以降、特にいびきに関して夫から何も言われなかったので、いびきの事なんてすっかり忘れていました。そんなある夜、夕食を終えて片付けもすませ、テレビを見ていると眠くなり、うたた寝をしていました。なんとなくテレビが聞こえるような聞こえないような、とても心地よい気分でウトウトしていると、突然「グァッ!」と言う音で目が覚めました。

その音は、私のいびきでした。ウトウトしていたけれど、確実に鼻の奥に振動を感じていました。そばにいた夫に、笑いながら「今の自分のいびきだよ。寝てる時はもっとすごいよ。」と言われました。私はやっぱりいびきをかいているんだと認めざるを得ない出来事でした。今まで父親のいびきのうるささに文句を言ってきたのに、私も同じなのかと、少し悲しい気持ちが湧きあがり、父親に申し訳ない気分になりました。

いびきが原因で険悪に

自分のいびきを自覚してから、寝る時に少し緊張するようになりました。今日はいびきをかきませんようにと祈りながら床に就いていました。そして毎朝「昨日寝てる時にいびきかいてた?」と夫に確認することが習慣になりました。毎朝夫は不機嫌でした。緊張のせいか、眠りが浅く、盛んにいびきをかいていたようです。

ついに、私のいびきが原因で睡眠不足気味になっていた夫が、「自分でいびきを自覚しているのに何もしないで、謝るだけじゃ何も解決しない。寝れないこっちの身にもなってくれ。」と怒りをあらわにしてきました。私だって、かきたくていびきをかいているわけじゃない。でも、こんなこと言ったら火に油。と思って黙って聞いていました。

「鼻づまりがあるなら病院に行って解決するとか、いびきをかかない方法を探すとか、何とかしてくれ。」と言われて気づきました。夫は私がいびきをかくことに対して怒っていたわけでがなく、解決方法を探していなかったことに怒っていたのでした。

いびきの解決方法を探す

いびきの解決方法はないかと、インターネット、本やテレビから情報を収集し、実験を開始しました。鼻腔を広げるブリーズライトという鼻テープを貼ってみたり、リュックを背負って横向きに寝てみたり、枕をはずして寝てみたり。普段から口呼吸をしていることが分かり、寝る時に口にテープを張ってみたり、マスクをしてみたり。体をアホほど動かして疲れさせ夜ぐっすり眠る。というバカげているなぁと思う方法も色々試しました。

しかし、私が試した対策はどれも効果なし。多少いびきの回数が減り、音量も少し小さくなったようですが、結局何をしてもいびきをかく時はかいてしまっていることが分かりました。

結婚6年目の今では、夫もいびきをかくようになりました。夫も私も二人で並んで寝ることに慣れたため、互いにいびきがそこまで気にならなくなったようです。根本的にいびきをなくすということはできなかったけれど、我が家では、いびきで夜眠れない問題は、時間の経過とともに、自然と互いのいびきが気にならなくなるということで解決しました。