いびきのせいで夫婦別室に! 自分に合った枕やダイエットで対策中

いびきのせいで夫婦別室に!自分に合った枕やダイエットで対策中

いびきのせいで夫婦別室に! 自分に合った枕やダイエットで対策中

H.Tさん(男性)、30代、会社員

いびきのせいで夫婦別室になってしまいました

いびきは寝ている時は自分では気がつかず、自覚もないので本当に困ったものですね。私も妻に何度も指摘されてはいたものの、なかなか自覚できなかったです。

初めにとった対策は、妻が耳栓をし、私が鼻での呼吸がしやすいように鼻に貼るテープ(ブリーズライト)など試しましてみました。妻曰く少しは改善が見られたものの、やはり妻は安眠することができず、私もいびきが大きくなるたびにつつかれて起こされ、お互いに辛くなっていってしまいました。

新婚当初はそれでも一緒に寝るようにしていましたが、お互いに夜が安眠できない状態が続くようになってしまいました。そのうち日中の仕事にも集中力が欠けるなどの悪影響が出始めてしまったため、ついに夜は夫婦別室で寝ることに決めました。妻からは何度も「いびきを治して!」と言われるものの、根本的に解決できずじまいとなってしまいました。

別室でもダメで、別の階で寝ることに…

それからは夫婦別室で寝るようになったのですが、まだまだいびき戦争は終わりませんでした。壁が薄いせいか、寝ていても隣の部屋からいびきが聞こえる時があるというのです。

テレビを見ていても隣にはテレビの音は聞こえないというのですが、大きないびきの音は聞こえてきて眠れないらしく、隣の壁がドンドンと叩かれます。私はその度に起きて、また眠るとドンドンと音が鳴り、結局あまり眠れない日が度々あり、根本的な解決には至りません。

妻が先に寝て、一時間後くらいに私が寝ると妻からのドンドンが少ないことが分かり、いつも妻が就寝してから一時間くらいたってから寝るようにしていました。ゲームをしたりテレビを見たりして時間をつぶし、寝るのは深夜2時。しかし、これは私の体力的に長くは続きませんでした。ついに2階に妻、私は1階の客間で寝ることになってしまいました。

自分に合った枕でいびきが軽減

そんな中で出会ったのが「じぶんまくら」というものでした。インターネットでいびきの原因を調べていたところ、「枕を変えただけで随分と軽減できた」などの声が載っていました。私もちょうど近くのモールの中に自分専用の枕を作れるお店を発見したので、早速話を聞いてみました。

自分の頭からお尻にかけてのラインを計測し、寝ている時に体重がかかっている箇所の負担を少なくするために、枕で埋め合わせをするという話を聞き「なるほど」と感心したものです。喉の圧迫を軽減し、いびき解消につながると思い、計測して自分専用の枕を作ってもらい購入しました。

使用感は確かに今までの枕と比べると寝心地が良く、首や肩、背中にかかる負担も少なく感じました。妻曰くいびきも軽減したそうです。今まで、食べる事や遊ぶことにはお金をかけてきたものの、寝ることにお金をかけるという発想はありませんでした。よく考えてみると人生の1/4は寝ていると考えれば、寝ることにお金をかけることも大切だと思います。しかし、まだまだ「軽減」の段階…。妻と一緒には寝られません(涙)。

現在は根本的な解決を求めてダイエット中

いびきの原因は様々ですが、私は身長の割には体重も多く、太っています。やはり根本的にダイエットをしないといびきは治らないと考え、痩せる決意をしました。ダイエットといっても、激しい運動や極端な食事制限はダメです。以前、食事制限や一時的に運動をして1ヶ月に7Kgの減量をしたこともありましたが、すぐにリバウンドし元の体重に戻ってしまいました。

現在やっているのは、少しだけ食事の量を減らすこと、間食は控えること。そして、強力なゴムを足首にかけて足を開くことで、足の筋肉だけでなく腹筋も鍛え、筋肉量を増やして代謝を上げることに取り組んでいます。

まだまだ2ヶ月で5Kgの減量です。しっかり続けて必ず痩せようと思います。痩せることでいびきを解消します!そして、いびきを解消して妻とまた一緒の部屋で寝られるように頑張ってきたいです。