夫のいびきの原因は睡眠時無呼吸症候群!? CPAP療法で治療した経験談

夫のいびきの原因は睡眠時無呼吸症候群!? CPAP療法で治療した経験談

夫のいびきの原因は睡眠時無呼吸症候群!? CPAP療法で治療した経験談

M.Tさん(女性)、30代、専業主婦

夫の大きないびきは異常のサイン?

今から2年前の出来事ですが、夫のいびきが毎晩のように続き、私だけでなく6歳と3歳の2人の子供達まで寝不足になってしまいました。8畳の和室に全員が寝ているのですが、そのいびきは和室が震えるほどのもので、夫以外の3人が直ちに起きてしまう規模のものだったのです。

私は毎晩、夫がいびきをかき始めると起こして静止するのですが、そんな事をしたところでまた眠ってしまえば同じです。そのため、夫に別室で寝てもらうようにして、3人はとりあえずその凄まじいいびきから難を逃れていました。

ですが、子供達はパパが大好きで寂しそうですし、そもそもこれだけのいびきが出るなんて、夫の体に何か異常があるのではないかと考えるようになったのです。

心配になり病院を受診

夫のいびきは以前からありました。ただし、それは多少気になる程度で、眠りを妨げるようなものではなく、常識の範囲内に落ち着いていたのです。頻度も、「今日はひどいかも」と思うのは月に一回あるかないか程度で、決して毎晩いびきで困るような状況ではなかったのです。

ですが、2年前頃から、徐々にいびきが凄くなってきました。もしその原因が重大なものだったら…もしいびきが何かの病気のサインだったら…、このように思い始めて、私も徐々に不安が募ってきたのです。

夫は大丈夫と言いますが、この時期から明らかに寝不足になっていますし、体調も優れないようです。私はどうにかしたいと考え、結局、専門機関に相談することにしました。早速、市外にある病院の、睡眠呼吸障害センターに連絡をし、夫を連れて診察を受けてもらいました。

重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群

問診や検査の結果、夫は「重度の閉塞性睡眠時無呼吸症候群」と診断され、私は少しフラついてしまいました。睡眠時無呼吸症候群で、しかもそれが重度だなんて…一体これから夫はどうなるのかと、猛烈な不安に駆られたのです。

そんな思いを抱きながら後日、夫の治療は始まりました。治療法は「CPAP療法」と呼ばれるもので、顔にマスクを装着して気管にエアを送り続けるというものです。治療開始の初日は入院し、次の日から自宅での治療となりました。その晩、夫の大げさなCPAPマスク姿を見て少し悲しくなってしまった記憶があります。

それに、CPAP療法は睡眠時無呼吸症候群の根本的な解消法ではないとのことで、同時に肥満解消のためのダイエット等にも取り組む必要があると説明を受けました。そのため、夫がいつまでこの姿で夜を過ごさなくてはならないのか分からなかったのも、悲しくなった要素のひとつです。ですが、そんな私の思いなど吹き飛んでしまうような、思いもよらない結果となったのです。

まさかの短期治療

夫が晩にマスクを装着し始めて6ヶ月、この間に夫のいびきはなく、減量も順調です。そんなある日、朝起きたら夫がマスクを装着せずに眠っていたのです。私はすぐに夫を起こして問いかけました。すると夫は、「外して寝たらいびきが出るのかな。」と、勝手に試していたのです。その行動に私は怒りましたが、この晩に夫のいびきがあったなら私は気付いていた訳で、それがなかったという事は夫はいびきをかいていなかったのです。

次の診察で、その出来事を医師に伝えました。すると、注意こそ受けたものの、次回の診察の時に再検査をしてみましょうと言われました。そして治療を始めて8ヶ月目の診察日、夫は検査を受けたところ大幅な改善が認められ、一旦マスクの取り外しの指示を受けたのです。

その後、次の診察までいびきらしいいびきはなく治療終了となりました。まさかの短期完治です。今では同じ空間で寝ても何ら被害もなく、子供達も喜んでいます。また再発することがないよう、夫は現在も食事制限や運動を続ける毎日です。