CPAP(シーパップ)マスクの効果と費用 | 睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP(シーパップ)マスクの効果と費用 | 睡眠時無呼吸症候群の治療

CPAP(シーパップ)マスクの効果と費用 | 睡眠時無呼吸症候群の治療

睡眠時無呼吸症候群の最も代表的な治療方法として「CPAP(シーパップ)療法」があります。非常に効果が高く、大きな副作用もないことから、広く治療に用いられています。

今回は、CPAPマスクの効果と費用についてご紹介します。

CPAP(シーパップ)の効果

CPAP(持続性陽圧換気療法)は、就寝時に特殊な鼻マスクを着用して空気を送り込み、気道を確保する治療法です。効果が非常に高く、現在の睡眠時無呼吸症候群の治療においては第一選択肢となっています。

<CPAPマスクの使用方法>


睡眠の質が改善されることで、大きないびきや日中の眠気が解消され、睡眠時無呼吸症候群の合併症である高血圧等の改善にも効果があります。また、CPAPマスクの着用を続けた人は、そうでない人に比べて突然死のリスクが減少し、寿命が長くなるという研究結果も報告されています。

CPAPの費用

CPAPでの治療は、健康保険適用で月5,000円前後です。これは、経過を観察するために毎月一回の通院が必要となるため、その際の再診料と機材のレンタル費用になります。

シーパップ療法は効果的な治療法ですが、この毎月の通院が面倒になり、継続できない人も多いようです。

CPAP(シーパップ)マスクの治療費用

CPAPの問題点

CPAPマスクによる治療の問題点としては、下記のようなものがあげられます。

病気の根本的な解消法ではない

シーパップによる治療は、いびきや睡眠時無呼吸症候群の症状を軽減しますが、疾患そのものが無くなる根本的な解決方法ではありません。したがって、CPAP療法を行うと同時に、減量やその他の治療法にも取り組んでいく必要があります。

見た目が大げさ

シーパップ療法に用いる機材は、技術の進歩により小型化されてきたとはいえ、顔を覆うチューブ付きのマスクを着用した姿はやや大げさです。そのため、慣れるまでに時間がかかったり、外泊時での使用をためらったりする人もいます。

通院の継続および費用の問題

上述したように、シーパップの治療においては、毎月一回の通院が必要になります。このことが負担となり、面倒で治療を継続できない患者さんも多くいます。

CPAP(シーパップ)マスクによるいびき治療の問題点

その他の治療と並行しながら

今回は、睡眠時無呼吸症候群の治療におけるCPAPマスクの効果と費用についてご紹介しました。

睡眠時無呼吸症候群の原因の多くは「肥満」です。そのため、減量を行うことでいびきや無呼吸の症状が大幅に改善されることも多くあります。CPAPマスクでの治療を行うと同時に、肥満の解消など、根本的な対策に取り組んでいくようにしましょう。