いびきの防止対策にマスクが有効?寝る時にマスクをする効果

いびきの防止対策にマスクが有効?寝る時にマスクをする効果

いびきの防止対策にマスクが有効?寝る時にマスクをする効果

「いびき防止にマスクが有効」という話を聞いたことがありますか? 最近ネット等でも話題になっていますが、実はこれは本当です。

しかし、一口に「いびき」と言っても原因は様々で、マスクが有効なのは「口呼吸の癖がついてしまっている人」向けの話ということになります。

今回は、寝る時にマスクをすることの「いびき防止効果」についてまとめます。

就寝時のマスクの効果

いびきは、睡眠時の喉周りの筋肉の弛緩や、舌の落ち込みなどで気道が圧迫され、呼吸気圧が増すことによって口蓋垂(のどちんこ)を大きく震わせることで起こる現象です。

特に、口呼吸の癖がついている人は、下あごが下がって舌が落ち込みやすくなるため、いびきをかきやすくなります。

寝る時にマスクをすることがいびき防止に効果的なのは、自然に口呼吸から鼻呼吸へと移行しやすくなるためで、専門家も推奨しています。

寝る時にマスクをするいびき防止効果

いびき防止に効果的なマスク

いびきを防止するために効果的なマスクには、以下のようなものがあります。

濡れマスク

名前の通り、湿らせたマスクを着用することで口呼吸を抑え、鼻呼吸を促す方法です。市販のマスクを湿らせて、鼻が出るように折り返すことで手軽に自作できます。また、通常のマスクを2枚重ねで使用するのも有効です。

ただし、寝ている時にマスクがずれてしまうことや、一晩中つけていると耳が痛くなることもあり、あまりお勧めはしません。

以前はいびき対策用のマスクも多く販売されていましたが、現在は、単純に口呼吸を防止するのであればテープタイプのものを使用するのが主流です。

いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類
いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類
いびき防止テープまとめ | 口呼吸防止・鼻腔拡張テープの効果と種類 うるさいいびきの対策として、人気を集めているのが「いびき防止テープ」です。睡眠時の...

CPAP(シーパップ)

大きないびきをかく代表的な疾患である「睡眠時無呼吸症候群」の治療法として、CPAPという専用のマスクをつけて寝る方法があります。

鼻に装着したマスクから空気を送り込むことで、閉塞状態を解消する効果があります。機材がやや大げさな見た目となる点や、外泊時の持ち運びが不便な点、レンタル費用等がやや高価である点がデメリットとしてあげられます。

マスクによる対策が不向きな人

寝る時にマスクをすることで、口呼吸の癖がついている人にはいびき防止に一定の効果が期待出来ますが、慢性的な鼻づまりによって口呼吸になってしまっている人などには不向きです。

鼻づまりの代表的な原因疾患としては、下記のようなものがあげられます。

  • 慢性鼻炎
  • アレルギー性鼻炎
  • 慢性副鼻腔炎(蓄膿症)
  • 鼻茸(鼻ポリープ)
  • 花粉症

これらの病気がある場合、鼻呼吸がしづらいために口呼吸になっているケースが多くみられます。したがって、対策としては口を閉じることではなく、鼻腔を広げることや、原因となっている病気の根本的な治療に取り組むことが求められます。

鼻づまりによるいびきの原因と対策 | 鼻腔を広げる方法
鼻づまりによるいびきの原因と対策 | 鼻腔を広げる方法
鼻づまりによるいびきの原因と対策 | 鼻腔を広げる方法 いびきをかく原因には様々なものがありますが、「鼻づまり」も大きな理由の一つです。鼻づまりに...

まとめ

今回は、寝る時にマスクをすることの「いびき防止効果」についてご紹介しました。

普段は鼻呼吸をしている人も、寝る時は無意識に口呼吸になってしまっていることもあります。いびきの大きさを指摘されたり、口呼吸の自覚のある人は、マスクや口呼吸防止テープ等による対策を一度試してみると良いでしょう。

また、マスクの他にも、いびき防止グッズには様々な種類がありますので、自分に合ったものを選択するようにしましょう。