赤ちゃん・新生児のいびきに要注意! 寝ている時の鼻づまり・無呼吸

赤ちゃん・新生児のいびきに要注意! 寝ている時の鼻づまり・無呼吸

赤ちゃん・新生児のいびきに要注意! 寝ている時の鼻づまり・無呼吸

いつもは静かに眠っている赤ちゃんが、急にいびきをかき始めたら心配になりますよね。新生児がいびきをかく理由は、大人のいびきとは違う特有の原因が関係している場合が多くあります。

今回は、赤ちゃん・新生児のいびきと無呼吸についてご紹介します。

赤ちゃん・新生児のいびき

赤ちゃんは鼻や喉の構造が未成熟です。口呼吸が苦手なため、鼻づまりがあるといびきをかきやすくなってしまいます。

新生児のいびきは比較的多くにみられ、「クー、クー」といった程度の呼吸のできている状態であればあまり心配する必要はありません。

赤ちゃん・新生児のいびきと無呼吸

しかし、中には、いびきに加えて、一時的に呼吸が止まってしまう睡眠時無呼吸症候群の症状がみられることがあります。そうしたケースでは赤ちゃんのその後の成長に悪影響を与えてしまいますので、いびきをかいている場合には大人が注意して見守っていく必要があります。

鼻づまりによるいびき

赤ちゃんは寝ている時、通常は鼻呼吸をしています。しかし、風邪やアレルギー性の症状等によって鼻水が増えると、鼻の穴が小さいこともあり、すぐに鼻がつまってしまいます。

鼻がつまった場合には自然と口呼吸に切り替わりますが、新生児は口呼吸が苦手なため、いびきをかきやすくなります。「たかが鼻づまり」と軽く見ていると、息ができなくなり呼吸困難に陥るケースもあるため注意が必要です。

赤ちゃんが睡眠時に口呼吸でいびきをかいているような場合には、早めに対処するようにしましょう。

扁桃腺・アデノイドの肥大

赤ちゃんのいびきに多くみられるのは、喉の奥にある扁桃腺やアデノイドの肥大です。

扁桃腺もアデノイドも、病原体から身体を守るためのリンパ組織です。赤ちゃんの場合、これらが大きいのは自然なことですが、あまりに大きい場合には気道が塞がりやすくなり、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となります。

扁桃腺やアデノイドは5歳頃まで大きくなり、その後は成長と共に小さくなっていくことがほとんどです。しかし、肥大した状態が続いたり、いびきや無呼吸の症状が続くような場合には手術による除去が必要になるケースもあります。

新生児の扁桃腺・アデノイド肥大によるいびきと無呼吸

赤ちゃん・新生児のいびき防止

赤ちゃん・新生児の手軽ないびき防止法としては、下記のようなものがあげられます。

横向きに寝かせる

新生児の喉や舌は大人よりも高い位置にあるため、仰向けに寝ると上気道が狭まり、いびきや無呼吸を起こしやすくなります。

そういった場合には、赤ちゃんを横向きに寝かせると気道を確保しやすくなり、いびき防止に効果があります。

鼻の通りを良くする

鼻づまりによるいびきが見られる場合には、鼻の通りを良くしてあげましょう。現在は、ストローやスポイトタイプの赤ちゃんの鼻水除去グッズが販売されていますので、そうしたものを使うと良いでしょう。

丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器 丹平製薬 ママ鼻水トッテ (0歳から対象) 耳鼻科の先生が考案した、お口で吸うタイプの鼻すい器

丹平製薬
売り上げランキング : 20

Amazonで詳しく見る

まとめ

今回は、赤ちゃん・新生児のいびきや無呼吸の原因と対策についてご紹介しました。

「いびき」というと中高年男性がかくイメージが強いため、赤ちゃんがいびきをかいているとビックリしてしまうお母さんもいます。多くの場合、赤ちゃんのいびきは自然と解消されていくものですが、異常なかき方をしている場合には早めに医師に相談するようにしましょう。